読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I am Japanese

見た目はフィリピン人、頭脳はからっぽ、その名は日本人トミー!

トバ湖 サモシール島

 

ブキッラワンにはもう少しいたかったけど、お目当てのラフレシアが時期じゃないとのことで残念だけど移動することに。

トレッキングで一緒だったみんなで歌って過ごしてすごく楽しかった!

ドラえもんインドネシアでも大人気で「日本に帰ったらドラえもんによろしくって言っておいて!」って言われた。

ドラえもんの歌はインドネシア語になっていて♪ターケコプタ~のところは、

♪バランバランバンブ~

っていうんだって笑

 

ホテルのフロントでトバ湖に行きたいって言ったら車を予約してくれたんだけど、安いやつじゃなくて普通のスズキのワゴン車に私一人乗せられて、専用運転手つきというVIP待遇でした。たぶん高くついたんだろうけど、ジャングル後の疲れた体にはちょうどよかった!

 

トバ湖のParapat(パラパッ)という街まで行って、そこからフェリーでトバ湖の中の島のサモシール島まで行きました。ブキッラワンから7~8時間かかったかな~

途中にも村とすら呼べないような小さな集落があってジャングルトレッキングできるみたいでした。

誰かインドネシアのジャングルマップ作ってくれないか~

 

トバ湖はとにかくでかい!!!海みたい!!!

カナダの寒いところの湖とはまた違って、またきれい!!

世界で一番大きいカルデラ湖なんだって!何万年も前にあった超巨大噴火で人類の半分が死んだという説も、、、遠くグリーンランドの地層からもこの時の火山灰の地層が出ているそうな、、、そして地球の温度が下がってその後6000年も寒い時代が続いたとか、、、

 

地球こわれなくてよかったよかった。また何万年もあとに噴火するのだろうか、、、

また人類の半分は死んじゃうの?

おとなしくしていてほしいですね(´・ω・`)

 

ここサモシール島はかつてヒッピーの聖地だったようで、マリファナ天国だったそうだけど、今は規制が厳しくなっておおやけには使えないんだって。

でもなぜかマジックマッシュルームは規制がなくてホテルでも提供しています。

変なの(´・ω・`)

私は予約せず口コミのよかったBagus Bayというホテルへ。

観光客はあまりいないみたいでガラガラ。

ローシーズン価格でシングルルーム(トイレ・シャワー共同)で一泊日本円で400円程度でした。安い~。しかも部屋もシーツもキレイ!なんとインドネシアの安宿では珍しくホットシャワー出ます!サイコーすぎ!

 

ホテルの広い庭から湖が眺められて最高のロケーション。

ホテルのレストランのごはんもまずまず。

インドネシアのご飯好きだなー♡

 

あまりの居心地のよさにホテルにこもって湖みながらダラダラしています。

そしてたまった日記ブログを書いていました。

気温も避暑地といわれるだけあって最高30℃くらい、朝夜は日陰だとひんやりするかんじ。

札幌の夏みたいでとっても過ごしやすい!

 

欠点といえば外に蚊が多くて外でゴロつくとたくさん刺されることですかね。

 

そんな中、一日使ってサモシール島観光に行ってきました。

ホテルでモーターバイクレンタルが一日600円だったので(向かえの観光案内所では一日1000円だった)、レンタルして観光してきました。

 

軽く言っていますがわたしモーターバイクなんて運転したことないし、仕組みもまったく知りません。

知り合いから予備知識を伝授してもらい、ホテルで仲良くなった従業員のお兄ちゃんにも最初に15分ほどレクチャーしてもらい行ってきました!

 

おそろしいのがこのスクーター保険に入っていないから事故ったら修理代全額自己負担なんですね。

 

でもサモシール島は街の中みたいに車もバイクも多くないから大丈夫かなっと思って。

 

湖の景色は絶景だったし、風も気持ちよかったけど、すっごくこわくてもう乗らなくいいかなってかんじ笑

わたしは乗り物はやっぱり運転しないで乗っていたいね笑

 

おまけにノースリーブで直射日光の中80キロほど運転したから両腕がヤケド状態(´;ω;`)

痛い、かゆい、痛い、、、

長袖着るべきでしたね。

 

 

トバ湖周辺にはバタック族っていう民族が昔から住んでいて、今でもこのあたりに暮らしています。

バタック族の古い村にストーンチェアっていうのがあって、見に行きました。

バタック族、かつては他所から来た敵を殺して牛の肉と一緒に食べる人食民族だったそうな。

この石の椅子がキッチンになっていてそこで殺して調理していたそうです。

(日本語で説明したものが見つからず英語サイトを自分で解釈してるので間違ってるかも)

 

顔つきも今まで見たインドネシアンと少し違いました。

家は高床式で屋根は大きな船の形をしています。

そして彼らは今でもその家に住んでいます。ただし生活様式はもはや普通のインドネシアンと変わりません。

 

彼らの民族舞踊を見れるミュージアムとやらに行きまして、民族舞踊見てきました。

ちゃんと日本語で儀式の説明を書いた紙ももらえました。

ただ、資料館系好きな私は結構期待していってしまったためちょっとがっかり。

 

民族舞踊はまぁいいとして。踊り終わったらカゴみたいの置いてお金も求めるんですね。

なんかちょっと「ん?」って気持ちになりました。

だってここ、民族舞踊みて6帖くらいしかないボロボロの展示コーナーがあるだけで500円近くとるんだよ?うちのホテル一泊と同じ値段、、、ちょっと納得いかない。

 

民族の伝統を継承するのにお金かかってるんだろうか?と思ったけど、これだけのために毎日こんなに巻き上げるのはちょっとどうかなって思いました。

 

おもしろかったからいいけど←

 

そのあとはひたすらバイクを走らせて(常に40キロ走行)、温泉に行ってきました!

海外の温泉は初めて!

行く気なかったから水着持ってなく、やっちまったーと思ってたけど、持っていかなくて政界だった。

温泉は10メートルくらいのプールにちょろちょろと流れていて、すごい深くて砂やら枯れ葉やらでけっこう汚かった。

足湯だけしたけど、温度は完璧!!水足してるのかな?

でも足だけでも結構さっぱり♡

 

そしてわたし朝からなにも食べずにおやつの時間まで来ちゃって、(なんか途中で食べようと思ってたらロクに店がなかった)。

温泉に売店があって、そこで飲んだポカリが染みわたりすぎてやばかった。

 

そうしてホテルに迷いながらも無事故で帰還!

サモシール島の観光は一日だけでいいかな。

 

あとはひたすらホテルでのんびりゆーっくりするのがオススメ♡

この旅ではじめてこんなにゆっくりできたけど、こういう日もたまにはないとダメね!

 

は~癒された。次のとこ移動するのめんどくさくなってきちゃった←

バックパッカーはこうして沈没するんだな…と思いました。

 

さて、もう2泊延泊することにしたので、あさってにはまた移動です!

それまでゆったりします(´―`)